×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チヂミレシピとは

チヂミとは韓国料理の一つで日本でも人気のある料理ですね。チヂミという呼び方は韓国の地方の方言で一般的にはプチムゲと呼ばれています。チヂミは平たく伸ばして焼いたものという意味らしいですが、日本ではお好み焼きが平たく伸ばして焼くので、チヂミはさしずめ日本版お好み焼きなんでしょうか。韓国料理には食欲をそそるものがたくさんありますが、日本でもチヂミレシピがたくさん紹介されています。
チヂミは韓国では地方によって色々な種類があるそうですが、日本で普通に言われるチヂミは薄く延ばして心地よい歯ざわりに焼いたものをタレにつけて食べるものです。日本の各地にある韓国料理店では定番としてあり、最近ではチヂミレシピ用のチヂミの粉がスーパーなどで販売されており、家庭でも韓国料理のチヂミが簡単に作れるようになりました。
チヂミレシピは食材を選ばないところが魅力なのです。冷蔵庫の残り物でもおいしいチヂミが作れるんですよ。ニラとかねぎとか韓国料理に欠かせない野菜等があったらピカイチのおいしいチヂミが作れます。日本ではチヂミとパジョンが混同されることもありますが、パジョンは同じチヂミの種類であるジョンにねぎを使ったものとされています。

チヂミの作り方

チヂミの作り方、チヂミレシピはたくさん紹介されています。チヂミレシピニラ、キムチチヂミレシピ、じゃがいもチヂミレシピ、豚チヂミレシピなどでいずれも使う食材で作り方が紹介されています。韓国料理はいずれもパンチの効いたものが多く、スタミナがつく料理が多いですね。その中でチヂミは比較的ヘルシーに簡単に作ることもでき、日本の家庭でも人気が出ているんですね。
一般的なチヂミの作り方は、米粉、小麦粉、卵を水で溶いてニラ、ねぎ、ニンジン、玉ねぎなどの野菜の具を混ぜ合わせて、いかやエビ、タコ、アサリ、豚肉などを入れ、薄く延ばして焼き上げれば出来上がりで簡単に出来るのです。日本のお好み焼きに似ていますが、お好み焼きより水を少なくするのがコツと紹介されています。
香ばしいチヂミに焼き上げるには、ごま油かサラダ油を少し多めに熱したフライパンに引き、あらかじめ作っておいたチヂミの生地を流し込んで強火で焦げ目が付くように焼いたら弱火で生地中まで火を通すのが、外側パリッと、内側もちもちっとした食感にするコツでもあります。最後の仕上げにごま油をフライパンに少し垂らすと香ばしさがより強くなり、食欲をそそりますよ。

チヂミとパジョンも同じ韓国料理?

韓国料理のチヂミとパジョンが日本ではよく混同されることがあるそうですが、パジョンも同じ韓国料理のチヂミですが、チヂミの一種であるジョンにねぎを使ったものをパジョンと呼ぶのだそうです。ややこしいですね。ジョンがチヂミの一種というより、チヂミがジョンの一種といった方が韓国では正解のようです。海産物を使ったヘムルジョンやキムチを使ったキムチジョン、ジャガイモを使ったカムジャジョンなど、日本で言うチヂミ料理が色々あります。
パジョンは韓国式のお好み焼きで、葉ねぎをたっぷり入れて焼くそうで、韓国語でパはねぎを表し、ジョンは小麦粉を色々な具につけ焼き上げたもののことを言うそうで、正に日本ではお好み焼きです。このパジョンのことを日本ではチヂミと呼ぶことが多く、韓国ではジョンとかプッチムゲと呼ぶのです。韓国料理パジョン(チヂミ)はレシピのバージョンも多く、イカやエビなど海産物をたっぷり入れたヘムルパジョン(ヘムルチヂミ)、白菜キムチたっぷりのキムチジョン(キムチチヂミ)、ジャガイモを入れて焼いたカムジャジョン(カムジャチヂミ)などがあり、いずれも日本の家庭でも簡単に作れるようになっています。

Copyright © 2014 チヂミレシピ 韓国料理 プライバシーポリシー